前書き〜令和の時代から、未来の私が〜

わたしたちは
誰もが自分らしい人生を見つけ、歩み、愛する社会

を実現します
を理念として
活動していて、年に数回イベントを企画している「みちくさ@」という団体の運営を手伝っていました。「理念を明文化しよう」と言って集まった最初の会が、私の最後の回でした。
あの頃はみちくさ@が全てだったように思います。周りには公務員しかいなくて(否定の意図はなくて、価値観が違ったという意味)、同世代の学生さんとかと知り合える場は、本当に限られていました。
一種の依存状態にあったと思います。今は、みちくさ@で知り合った人にも、アオイエで知り合った人にも、会いに行ける。これから、もっといろんな人たちとも出会える。そう思えます。
(この前書きには、自分で少し違和感があります。当時も「いかにいろんな人に会いに行くか」を考えていたような気がするけれど、確かに何かが変化したと感じていて)

令和元年5月23日
寂しい
終わってしまうと
すごく

重荷だと思っていた
疲れた
何もしたくなかった

でも

行きの道では
懐かしくて

行ってみると
理念の会は楽しくて

終わってみると
寂しくて

居場所が1つ減ったような気がして
まるでこれから腹でも切るような気がして

誰かといる間は
リビドーを取り戻して

1人になると
またデストルドーに支配されて

平成28年10月16日
お気に召しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です