前書き〜令和の時代から、未来の私が〜

もしかすると、逃げているだけなのかもしれない。本当にやりたいことは自分でもわかっているのに、本気でやろうとするとその道のりは遠くて、もどかしくて、悔しくて、だから何も考えずに生きる道に逃げているだけなのかもしれない。
でもいいや。やりたくなったらやればいい。「いつか」って言っていてもその「いつか」は永遠に来ないかもしれない。いいんだ、来なくても。
ぶどうは酸っぱかったに決まっている?

なお、昔は着物を着ていました。面倒になって作務衣になりました。着心地と着やすさでは作務衣の方が上ですが、格式って意味でいうと着物ですよね。

令和元年5月20日
日本を取り戻すとの信念のもと、活動しています。

 黒船来航、大東亜戦争を経て、日本には西洋化の波が押し寄せ、本来日本に存在していた日本らしさは失われつつあります。薄利多売、大量生産の文化が浸透し、外国語にもなったMOTTINAIは、あろうことか日本の内側でさえ、影を潜めてしまいました。食卓にはパンやパスタがはびこり、学校給食でさえ定期的にパンが支給され、世界遺産にもなった日本食は、その故郷である日本でさえ地位を揺るがされつつあります。
 日本は危機的状況にあります。大東亜戦争はまだ終わっていないのです。軍事的な衝突の終結が、終戦の全てでないことを、私は確信しています。文化の侵略によって、民族は消滅しうるのです。
 軍事的な衝突の勝敗のみが、戦争の勝敗ではないことを、私は確信しています。戦争目的の達成こそが、真の戦勝なのです。大東亜戦争は、石油を確保し、アジアを解放することが目的でした。その目的は達成されました。大東亜戦争は、大日本帝国の勝利によって終結したのです。しかし、真の目的であった、日本民族の存続、そして大東亜共栄圏の建設。これらは未だ、危機的状況にあります。依然として日本は、文化の侵略という危機にさらされているのです。
 私はこの危機的状況下において、本来の日本人が持っていた古き良きものを、現代に取り戻すことが使命であると信じて疑いません。祖国を思い、我々子孫のために散っていった英霊たちが描いた未来は。いかなるものであったのでしょうか。
 私の主張は、外国人排斥ではありません。先進技術の否定でもありません。
 国際社会の中で、現代の中で、失われつつある古き良きものを、もう一度取り戻し調和を図るのです。
 ある日私は自転車に乗っていました。坂道を登っていたあのとき、閃きが舞い降りたのです。浮かんできた言葉はこうです。
日本古来の良いものを現代に取り入れ
外国文化先進技術との調和を図る
 これが私の、使命です。

平成29年5月5日
お気に召しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です