前書き〜令和の時代から、未来の私が〜

最近、自分が脳筋になったと感じる。「働いた、腹減った、飯食った、うまい」に満足して、難しいことを考えなくなった。生命の実だ智恵の実だって、ただの状態なのかもしれないし、一時的に脳筋でいられるだけなのかもしれない。
それでもいい。私は今日も、生きている。

令和元年5月25日
生命の実と智恵の実

私は時に思うのだ。
人間には2種類いる。生命の実を与えられた者と智恵の実を与えられた者。
 
 
生命の実を与えられた者は、当然のように生きていく。悩んでも困っても生きていく。壁にぶつかりながらも乗り越えていく。
あるいは時に、何かを諦めながら、無力感を感じながら、それでも生きていく。生という選択肢を、毎日選びつづけることが当たり前だとでもいうように。生という選択肢を毎日与えられて然るべきだとでもいうように。

生命の実は種子を残す。新たなる生命という種子を。その種子からは、どちらの実がなるのだろう。
 
 
智恵の実を与えられた者は、苦悩する。時に死という誘惑が手招きする。芥川の言葉を借りれば、「苦悩によってではなく、ぼんやりとした不安によって死する」のだ。

智恵の実も種子を残す。芸術という種子を。その種子からは、何が生まれるのだろう。
 
 
しかし私は時に思うのだ。
私には、生命の実も智恵の実も、いずれも与えられていないのではないかと……。
 
じつは人間にはもう1種類いる。
生命の実の、果樹園の所有者がいる。

奴隷が奴隷でいられなくなったんだ。だから精神疾患が増えたんだ。奴隷でいることは楽なのに、智恵の実を齧ってしまった。蛇にそそのかされて?さあ。ともかく、楽園を追放されてしまったのだ。

平成29年4月25日
お気に召しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です