〜導入〜
あなたは誰ですか。 

と質問されたら、何と答えますか。

Mr.SINEKが言う通り、”WHAT”は簡単です。

What do I do? What do I have?
やっていること、持っているもの、「私は何屋さんです」、「何を持っています」は簡単。
  

“HOW”も割と簡単。1日の過ごし方とか意思決定の基準とかですかね。
“WHY”になると難しいかもしれない。”Why do you live?” そして”Who are
you?”という質問。冒頭の「あなたは誰ですか」。 
この質問は、人によって”WHAT”の質問だったり、 “HOW”の質問だったり、”WHY”の質問だったり……。

私は誰?〜WHY〜

私は、自分が何者かわからなくなりました。

WHAT:何をしたいのか?

……わからない。
中学受験が終わり、塾というコミュニティを失った私は、「何をしたいのか」を見失っていました。

HOW:いかに生きたいか?

……わからない。
学力至上主義だった私は、高校受験に際して生き方を考えたものの、「いかに生きたいか」を見失っていました。

WHY:なぜ生きているのか?

……わからない。
自分が「なぜ生きているのか」を見失った私は、気づいたら「うつ病」と診断されるまでになっていました。

「わからない」の中の「わかっている」

うつ病の真っ只中、病院に通っても薬を服んでも辛い。死にたいと思っていたときもありました。
しかし、「何もしない時間が苦痛」だと感じるようになり、
「とにかく何かしたい」という衝動に駆られ、

動いてみました

するとご縁がありました

そんな中で、わかったことがあります。

生きたい

見つけたい

誰かの役に立ちたい

だから決めました 「自分は何者か」ちゃんと主体的に探すこと。
「自分は何を考えてどう動いたか」公開すること。

いかに自分を探すか〜HOW〜

キッカケ:プロにとってプロの世界は「当たり前だらけ」。しかしアマから見ると……?

創生塾(https://www.souseijuku.com)の講座で出会った言葉。そして勝手に1人ピンときた閃き。(講座の本論とはずれますが汗)
自分にとって自分って、当たり前です。だから、自分1人で自分を見つめたって見えることは限られています。
だったら取材してもらおう!

ということで行動宣言〜WHAT〜

1ヶ月以内(29.12.22まで)に、対談1回。
今年中(29年中)にYoutubeで対談を公開する。

29.11.22に対談しました。YoutubeNGの方だったので、記事のみ公開します。
お気に召しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です