マズローの奴隷
第4部 救済 その1

「ねえ、あなた、死んだら?」
どうしたんだよ、急に。
「だって、死にたいんでしょう?」
でも死ぬ度胸がないのさ。
「じゃあ心中したげよっか。あなたが私を抱いて、私があなたの首を絞める」
それは心中でなくて殺しだ。
「いいえ。私も死ぬわ。あなたを殺した側で切腹してあげる。どっちが男らしいかしら」
からかってるのか。
「私は本気よ。少しは男らしいとこ見せなさいよ」

そのとき、男は彼女の頬に光るものを見た。目は赤い。こんなとき、男はどうしてよいかわからなくなる。人の心というものが、わからないのだ。自分の心でさえわからないのに。
だが、そんなときでも、彼女のぷっくり柔らかそうな唇は、男の目を捉えて離さない。男は頭が白くなるのを感じた。それは衝動だった。男の意志ではなく、男の衝動が、彼女に接吻しようとしたのだ。
しかしその欲求は叶わなかった。頬が熱い。物書きはなぜ平たく「平手打ちを喰らった」と書かないのだろうか。それはきっと、物語の興奮が冷めるからだ。そんなことを考えているうちに、彼女は外套を手に去っていった。
その日、彼女が残していったのは、かすかな芳香と頬の痛み、そして一枚のカードだった。彼女は、男のために精神病院へ足を運び、診察券をこしらえ、さりげなく男の予定を聞き出し、予約を取り付けていたのだ。彼女は男に、生きてほしかったのだ。

——あの日が最後だったわ。別に着信拒否も何もしていないけれど、あの人から連絡が来ることはなかった。半ば求めてはいたわ。それは、愛した人ですもの。でも、理性はこう囁いてもいたの。「そろそろ潮時だ」って。すぐに冷めたわけじゃないわ。あの人が追いかけてきたら仲直りしたし、あの人に少しの度胸があったなら、心中だってした。
でもそうならなかったのは、きっと何者かのお導きね。私に生きろって言って、彼と引き裂いたんじゃないかしら。
結局飛び降りで死んだらしいわ。私とは心中しなかったくせにね。それに、「自分は臆病だから飛び降りなんて一番嫌だ」なんて言ってたくせにね。前に死にかけたときも、首吊りだったそうよ。でも、怖くて途中でやめちゃったんですって。
いいの。ハンカチくらい持ってるわ。ありがとう。
何とも形容しがたい顔してたって聞いたわ。安らかなように見えて、どこか悲しげで、心残りがあるような、少し驚いたような。そんな顔して死んだんですって。
あの人はね、私にとって月のような存在だったわ。夜道を照らす、月のような存在。満ちたり欠けたりしながら、私の心の夜道を照らしてくれたわ。救われていたのよ。私に太陽は眩しすぎたの。きっとあの人も、夜道に慣れていたんでしょうね。私の心の夜道がよく見えたみたい。違うところばかりだったけれど、どこか同じで、何だか懐かしくて……。2人で歩く夜道は、心強かったわ。
私は、彼の月になることができていたのかしら。

震える声は、嗚咽に変わった。

——愛していたのよ。

つづく

続きを読む:マズローの奴隷4-02

最初から読む:マズローの奴隷1-01
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スーパー歌謡ポップス 酒井法子、アン・ルイス 他
価格:1470円(税込、送料別) (2018/2/27時点)

お気に召しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です