マズローの奴隷
第3部 猶予期間 その9

しかし私は、彼と喧嘩別れしたものだから、彼への連絡を取りかねていた。果たして、いかなる言葉で食事の礼を伝えたものか。そんなことを決めあぐねているうちに1通の手紙が届いた。例の友人からだ。

「蝉の鳴き声も静かになり、朝晩は幾分過ごしやすくなりました。いかがお過ごしでしょうか。
先日はすまなかった。私の考えは一切変わらないが、感情的になってしまったこと、君の心情を考慮できなかったことは心から詫びる。
一度気を取り直して食事というのはどうだろうか。
返事を待っている」

何とも律儀なやつだ。私の方が怒らせたというのに、その上会計まで任せてしまったというのに、彼の方から詫びの手紙を寄越してくるとは。
そうして私たちは夕食の席を共にした。その日の会話は他愛もない話題に終始した。私の思い違いだろうか。彼の態度は一切変わっていないはずなのに、私と彼との距離が大層開いてしまったように感じたのだ。以前の彼は、私が心情を吐露できる相手だった。私は彼のことを何でも話せる人間だと思っていた。しかし今ではそのように感じられないのだ。きっと変わってしまったのは彼でなくて私の方。私の中の、彼に対する認識が変わってしまったのだ。彼は私とは異質の人間。そのことに気付いてしまったのだ。
彼は何でもわかってくれると思っていた。それがそもそもの思い違いだったんだ。人と人とがわかり合えるなんて、もともと夢のような幻想なのかもしれない。しかし私はその幻想を信じてみたかったのだ。幻想にすがり救済を求めていたのだ。第一、共感し合うことが目的ではない。私は心情を吐露できるというだけで彼に救われていたのだ。聞き届けてくれる友人がいるというだけで救われていたのだ。しかし何故だろう。今の私は彼に心情を吐露できない。もともとわかっていたはずなのだ。完全に理解し合えるはずがない。私と彼とは他人同士なのだから。完全に理解し合えないとわかった上で、私か彼に胸の内をさらけ出したいと願った。彼の振る舞いは変わっていないし、今だってきっと話せば受け入れてくれるに違いない。しかし私の中で何かが変わってしまったのだ。彼にはもう、話せない。
その日の会計は折半になった。私が持つと言っても、律儀な彼は譲らず、結局借りを返し損ねて私たちは別れた。私たちは、今日も明日からも、友人同士だ。

つづく

続きを読む:マズローの奴隷4-01

最初から読む:マズローの奴隷1-01
お気に召しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です