マズローの奴隷
第3部 猶予期間 その8

「一度はマズローに救いを見た。強さのニヒリズムを依代としたこともあった。でも今は、ただただ弱さのニヒリズムの中で苦しんでいるんだね」
逃げだよな。結局、悲劇の主人公になりきって、やらない言い訳をしてるに過ぎないんだ。頭ではわかってる。死ぬ度胸がないなら、いかに生きるかを考えるのが前向きだって。でも動けないんだ。身体が動かないんだ。マズローの牢獄で快楽から逃れるには、愛が必要なんだ。愛があれば、マズローの奴隷にならなくても、満たされて生きていける。でも、他人との距離なんて、曖昧で不確かなものだろ?一番身近にいて、一番長い時間を共にする存在。それが自分なんだ。だから自分を愛するということが、マズローの牢獄から解放される最も確実な方法なのさ。なあ、人々にとって「生きる」という選択さえも、もっと能動的で主体的なものであっていいはずじゃないのか?当たり前のように「生きる」という選択をして、「生きる」という選択肢が明日も与えられると信じて疑わない。これって変じゃないか。それさえも、「メディアの価値観」じゃないかと思うんだ。

「では君は死ぬのか」
考えることはある。

友人は、私に病院を勧めた。返事をしなかった私に、友人は強く言わず病院の名前と地図が書かれた紙を寄越した。

「気が向いたらでいいから行ってみろよ。実は僕も、前に行ったことがあってね」
そうか……。でも死ぬことはきっとないよ。そんな度胸ないもの……。いや、実は正直なところ、わからないんだ。自分では死ぬ度胸なんてないと割り切ったつもりでいた。でも、日に何度、心の声が死にたいと囁くんだ。これは俺の意志か?思考の習慣か?本当は、心の底で死を望んでいるのかもしれない。死という救済を夢見ているのかもしれない。でも死を恐れてもいるんだ。死への恐怖は、未知への恐怖か?生存本能か?もう自分がわからないんだ。マズローの牢獄入ってまで自分を満たして、そうしてまで生きるに値する世界か?こんなことを考えるときは、決まって芥川龍之介の言葉を思い出すよ。「何の為にこいつも生まれてきたのだろう?この娑婆苦の充ち満ちた世界へ」そして「誰か僕の眠っているうちにそっと絞め殺してくれるものはないか?」俺もそんな気持ちさ。
「いいじゃないか。マズローの牢獄に入ったって。僕は君に生きてほしい。何が不満なんだ。皆に囲まれて、賞賛を浴びて、夢を叶えて、果ては社会貢献して。君にぴったりだし、君ならできるじゃないか」
そんな未来を夢見た日もあったよ。それに、高校のときは、マズローの階段を登って、自己実現の階層さえも満たされていた。幸せだったよ。
「だったら……」
でもさ、ふっと冷めちゃったんだ。それって、条件付きの幸せだろ?高校のときは満たされてたし、卒業してからもあの快感を求めた。でも、快感は、欲求が満たされている間しか手に入らないんだ。マズローの階段を降りて、承認欲求さえも満たされなくなったとき、気が変になりそうだったよ、いや、所属欲求さえも満たされていなかったかもしれない。組織の中で疎外感を感じていたからね。
「所属欲求も承認欲求も、自己愛で解決可能だと言ったのは君じゃないか。君の世界を作るのは、君自身の認識だと常々言っているじゃないか」
そうなんだ。そこなんだ。自己愛で満たされた世界は、マズローを必要とするのだろうか。
「君の主張は矛盾している。自己愛は死の対局ではないか。君ほどの人間が、自己陶酔と自己愛を間違うのか?自らの無力さに気付くまえに、自らの無能さが露呈するまえに、誇りの中で死にゆこうとする。それは自己陶酔にすぎない。君の主張する自己愛はそんな陳腐なものではないはずだ」
そうだ。全くその通りだ。
「付き合っていられない。君の手口は『死ぬ死ぬ詐欺』だ。死ぬぞ死ぬぞと喚いて、注目を集めようとしている。自己愛が足りぬからそのような行動に出るのだ。君の主張は全く正しい。君はエディプスコンプレックスを越えていない。なぜなら、やっていることが赤ん坊と何一つ変わらないじゃないか。もう付き合っていられない」

そう言って友人は去っていった。
「死ぬ死ぬ詐欺」か。何とも語呂の良い名前を付けてくれたものだ。さて、私も帰ろう。

お会計をお願いします。
「お連れ様がお支払いです」
あの馬鹿。また借りができてしまった。返さねば。

つづく

続きを読む:マズローの奴隷3-09

最初から読む:マズローの奴隷1-01
お気に召しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です