マズローの奴隷
第3部 猶予期間 その7

俺たちは、メディアが作り出した幻想の中を生きているけれどさ、本質的には、我々は猿の時代から受け継いだもので出来ているんだ。
「何を馬鹿なことを。じゃあ何か。猿のように、快楽に身を任せれば、君は幸福になれるのかね。では快楽を貪ればいいじゃないか」

俺の本能はそう言ってる。でも理性が許さないんだ。
「綺麗事を。その『理性』とやらは、君の言葉を借りれば、『メディアが作り出した幻想』ではないのか」
違う。
「どう違うのだ」
快楽に身を任せるといいうことは、私の父に同化するということなんだ。私という存在を、生の呪いを、この世界に送り出したあの父に。
「同化しろ。そして父親を殺せ。父に同化して父親を殺すことは、君をエディプスコンプレックスから救うのではないのか」
嫌悪の方が勝るよ。なんせ、18歳のときに突然、腹違いの兄が9人もいると知らされたんだ。想像できるか。

しばしの沈黙。

「すまなかった」
いいんだ。矛盾したことを言ってるのはわかってんだ。
「複雑、だよな。きっと」
そうさ。複雑さ。父親に対する感情って、複雑なものだろ?尊敬と畏怖、愛と敵愾心、父親に認められたいと思う気持ちと、父親を超えたいと思う気持ち。永遠に敵わない絶対の存在であり、いつの間にか小さく弱くなってしまった存在であり。そんな色々なものがごちゃ混ぜになって、父親に対する感情を形作ってるんだろ?
「ああ」
俺も、初めは父が大好きだったよ。母から聞く話は、まるで映画に出てくる英雄だった。有名大学を卒業したあとは弁護士になって、でも良心の呵責からバッジを外して。話したろ?加害者側に付いたとき、まさか勝っちゃうもんだから、被害者の遺族が泣いてたって。それで弁護士やめたあとは投資家になって。俺なんかには想像もつかないようなすごい世界で活躍してて、雲の上のような存在で。きっと父と母は、別れざるを得ない事情で別れたんだと思ってた。そんな父が誇りだったし、父に認められたかった。いつか父よりもすごい人間になるんだって、子どもながらに思ったよ。でも、あの日を境に変わったさ。今は憎悪しかない。自分のことを、快楽の代償として生まれた存在としか思えなくなった。
「それは……」
わかってるよ。俺の決めつけだよ。理解しようとする前に、心を閉ざした。わかりあうことを放棄した。
「いや、僕には想像するしかないのだけれど、きっと辛いことなんじゃないかと思う」
辛さというより、虚脱感とでも名付けようか。人生に対する虚無感が顔を出す度、思うんだ。なんであんたらの情動に付き合わされて、俺が生まれてこなくちゃならなかったんだって。だから思うんだ。生は呪いだって。頼んでもいないのに生まれてくることを強要されて、死への恐怖を植え付けられる。なあ、子どもが欲しいって、親の願望だろ?子どもが生まれてきたいって頼んだか?せめてさ、「この世界は生きるに足る世界だ」って教えてやるくらいは最低限なんじゃないのか。一生養っていけなんて言わないさ。でも、学び、働き、様々なことを乗り越えて老いていくことを、悪いもんじゃないって、教えてくれたってよかったじゃないか。
「そうだね」
罰の当たることを言ってるのはわかってるさ。育てるだけで一苦労だったろうよ。何度も学校に呼び出されたし、言うことは聞かない、母子家庭なのに塾へも通わせてもらって中学受験もして。でもさ、俺は一度として頼んでないんだ。生んでくれだなんて、頼んでないんだ。
「望まない生、死への恐怖、だから生は呪い。そして呪いの代償が快楽。しかしその快楽という救済さえ、嫌悪の対象なんだね」
そうさ、父と同化してしまう汚らわしい行為なのさ。
「そして、新たな呪いを生み出す行為でもあると」
そうだ。そうなんだ。

つづく

続きを読む:マズローの奴隷3-08

最初から読む:マズローの奴隷1-01
お気に召しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です