マズローの奴隷
第3部 猶予期間 その4

——入社4年目の春

「誰か1人、東京へ研修に行ってもらう。英語が話せて、パソコンに強い者が好ましい」

朝礼で例の上司が言った。英語とパソコン。少し前なら、すぐに手を挙げていたのだろうけれど。先輩が私に微笑みかける。
彼のことは大好きだ。そして彼は私の事情を知っている。私は彼に、苦笑を返した。
1週間ほどして、再び上司が朝礼で言った。

「先日話した件だが、未だ希望者は出ていない。誰か1人、この中から出てもらわないといけないのだが、希望する者はないか。では——」

そう言って彼が挙げたのは、私の名だった。

「TOEIC710点、英検2級、学生時代にはコンピュータ部に所属し、国際情報オリンピックにも出場しているという。彼以外に適任はいないと思うのだが、誰か意義はあるかね」

卑怯者。そう叫びたかった。第一、情報オリンピックは予選落ちだ。だが、声を上げたのは私でなくて先輩だった。

「もちろん断ることもできるが、替わりに誰かが行かねばならん。君が行くかね」
私が行きます。

先輩は結婚を控えている。私の身代わりになどするものか。

「よろしい。では後で私のところへ来なさい」

たかだか1ヶ月だ。行ってやる。そしてすぐに退職してやる。
朝礼が終わり、私は上司の席へ赴いた。

「——それから……」

一通りの説明を終えて、上司は付け足した。

「1ヶ月の研修へ行くということは、冬に行われる実業務への参加も決まるということだ」

卑怯者。今度こそ言ってやりたかった。だが私にその気力は残っていなかった。私は再び、自らの中にデストルドーが立ち込めるのを感じていた。
研修に参加して、私の不満はますます高まった。英語の話せない者は過半数。私程度の若輩者が、TOEICでは2位だというのだ。それに加えて、パソコンだって難しいことをやるわけじゃない。文字入力の速さもプログラミングも必要とされない。マウスだけ握って、専用ソフトを操作するだけの仕事。
——誰にでもできるじゃないか。

——あの人、そこでも父親を殺し損ねたの。その上司の人、あの人のエディプスコンプレックスを見抜いて、自分が父親を演じようとしたんじゃないかしら。強大な父親、越えられない壁、拒絶し、承認し、強くなったなと褒めてあげる存在。でもそのためには、あの人がハリボテを父親に見立てて、立ち向かって行く必要があったわ。でも、彼にその力は残っていなかったの。あの人に言わせれば、マズローの牢獄に囚われていたのかしら。自己実現の味をしめてしまったあの人の心は、承認欲求どころか、所属欲求すら満たされないあの環境で、渇ききってしまったそうだわ。あの人に必要だったのは休息ね。そして、もう一度マズローの階段を登らせてあげる必要があったんじゃないかしら。

最近、随筆を書くようになった。暗い内容ばかり。愚痴を吐けないから、文章にして捌け口にしているんだ。でも誰かに打ち明けたい。そう思う一方で、打ち明けて嫌われることを恐れてもいる。嫌われたくない。明るい自分を演じていたい。仮面が剥がれてはいけない。愚痴は言わない。悪口も言わない。私は素直で明るい人間なんだ。
私の心に土足で入ってくるな。誰にも理解できるはずがない。わかったような口を聞くな。知ったような顔をするな。私を理解できる者など、存在しないのだ。

会社で行われたレクリエーション。誰も言わない。「お前のせいで負けた」なんて、誰も言わない。第一、みんな大人だし、そこまで勝ち負けにこだわってない。楽しくやりたいって想いは、全員が共有してると思う。でも負けつづけたら面白くないに違いない。勝った方が楽しいに違いない。
こういうとき、他人との接し方が、よくわからなくなる。多分突っ立ってれば足は引っ張らない。みんなと同じに、子どもの頃に「戻って」笑い合うことなんてできないのだろうか。
きっとできないに違いない。「戻って」以前に、「知らない」のだから。子どもの頃に、外で遊んだことなんてなかったのだから。

——あの人、その研修に行ったことで、不満を感じると同時に、満たされてもいたんですって。だって、仕事ができるし英語が話せるし、みんながちやほやしてくれたんですって。

仕事以外に話題を見つけられないの、仕事中毒だからですよ。
「それって、私が?」
深く考えてませんでしたけど。

後日、男は思う。
きっと私だ。私が仕事中毒なんだ。私が追い求めている「夢」って、結局仕事。仕事で賞賛を浴びたい。今、束の間の幸福に浸っていられるのも、仕事で認められているから。元の日常へ戻るのを恐れるのも、仕事でちやほやされなくなるから。
では、「仕事」を禁止語句にしたら、「私」という人間についてどれほどのことが語れるのだろうか。

——あの人、子どもだったのよ。子どもの心のまま、大人の知性を手に入れてしまったの。子どもって、「どうして空は青いの」とか「赤ちゃんはどこからやってくるの」とか訊く時期あるでしょう?彼は大人になって、大人の知性によって、「人生の意味」を考えてしまったの。そして、あらゆる悲劇が見えてしまって、無意味感を抱くようになったわ。
子どものように、ただ楽しいから遊ぶということが、内的にも外的にも許されなくなったの。モラトリアムの終了によってね。守られた世界で、楽しいことだけをやっていればいい時期は終わったんだって、自覚したのよ。

つづく

続きを読む:マズローの奴隷3-05

最初から読む:マズローの奴隷1-01
お気に召しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です