マズローの奴隷
第3部 猶予期間 その1

——あの人ね、きっとあの子に、母親を重ねていたんじゃないかしら。甘えたいと願って満たされなかった欲求を、あの子で満たそうとしたんだわ。「母親への絶対依存」を追い求めていたのよ。
それは、不安定な均衡の上に成り立つ、積み木のようなものだったんじゃないかしら。あの人は、一度は赤ちゃんになることに成功したの。あの子だけを見つめて、あの子のことだけを考えて、あの子を独り占めした気になって。けれど、父親が現れたの。偽りの母親を奪い合う、恋敵としての偽りの父親が。浮気とか、そういう話じゃないわ。あの子、あの人にぞっこんだったみたい。呼べばどこへでも付いていったそうだし、職業だってあの人の好みに合わせたんですって。それも自分からよ?でも、あの人には足りなかった。過去も現在も未来も、あの子を独占したかったみたい。そして、積み木の均衡は崩れてしまった。

理由の1つ目は、あの人が偽りの父親を殺し損ねたことね。偽りの母親がかつて愛した、偽りの父親を殺すことに失敗したの。そこで父親を殺すことに成功していれば、あの人ももう少し大人になれたのかもしれないけれど。
2つ目の理由は、それこそ均衡が崩れたことよ。偽りの母親に依存したいと思う気持ちと、マズローの階段を登りたいと思う気持ち。引き金は本だったわ。あの人、その頃から本を読むようになったんですって。そして……あの子を鬱陶しく思うようになった。
3つ目に……。これが決め手かしらね。「あの子が全知全能の神ではなかった」ということに気付いてしまったの。同時に、「母親が自分ではない他人だ」ってこと、まだわかってなかったの。あの人は、一度は赤ちゃんになることに成功したわ。でも「母親」は、全知全能の神である必要があった。だって、赤ちゃんってそうでしょう?母親がいなければ生きていくことができないし、赤ちゃんには「母親も不完全な人間だ」なんてこと、わからないでしょう?でも彼は、大人になってから「母親への絶対依存」を満たそうとした。幼少期に満たされなかった心を、大人になってからあの子で満たそうとしたんだわ。だから、「母親は全知全能の神ではない」とわかってしまった。それに加えてね、「母親は自分ではない他人」と学ぶことがまだできていなかったあの人は、偽りの母親を通して自分の価値を確認しようとしていたの。偽りの母親が不完全な人間であることは、あの人から偽りの絶対依存を奪い去ったわ。そうしてあの人たちは別れたの。
自分が偽りの母親を追い求めていることに、自分でも気付いていたんでしょうね。「自己愛なきロマンスへの警鐘」なんて言葉を口にしていたわ。「自己愛なきロマンスの先に待つものは破滅だ」なんて言いながら、私とのロマンスを求めた。あの人、本当に自己愛を身につけていたのかしら。私には、すごく寂しそうに見えたわ。寂しさを埋めるために異性を求めたかつての自分を自覚しつつ、それでも寂しさに耐えきれなかったんだわ。あくまで憶測だけどね。

男には、酒を奢ってくれる先輩がいた。社員寮に住んでいるから、食事は出るのだが、風呂上がりの1杯を、毎日ご相伴に預かっていた。話が盛り上がり、2杯3杯と盃が進む日もしばしばであった。彼は「ビールは苦くて好きでないが、だからこそ深酒にならなくて済む」と言ってビールを飲み、最後の1杯だけは、心から好きだというコークハイボールを飲むのであった。
男が会計を持つと言っても頑なに譲らず、毎日彼が財布を持った。独身貴族とはいえ、かなりの出費であったことは想像に難くない。

先輩には、常に気にかけてもらった。私たちは高校生のときに出会い、奇しくもこの会社で再開した。1歳上の、面倒見の良い先輩だった。

——あの人、自分の色眼鏡で世界を見ていたのよ。他人も本質は自分と同じに違いない。弱さのニヒリズムに屈服して惰性のように生きている人間と、強さのニヒルズムによって力強く生きていく人間の2種類で世界はできてるって、決めてかかっていたんじゃないかしら。

つづく

続きを読む:マズローの奴隷3-02

最初から読む:マズローの奴隷1-01
お気に召しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です