NHKとJPYコンピュータ部はこちらですSpecify.サムとサンタの神隠し伝承theOneThatILovedS2機関あとがき〜12月を振り返って〜

NHKとJPY

キャッシュレスは便利だ。手持ち現金のプロビジョニングが不要で、物理ATMにアクセス(足で)しなくてもリソース(残高)を需要に合わせたり(入金)オートスケーリングさせたり(オートチャージ)できる。
(AWS脳になってしまっている)

けれどお店は決済手数料を払っているんだよな。決済業者は仕組みを提供する代わりに手数料を受け取っているんだよな。
現金決済だと手数料を払わなくていいんだよな。そうか、現金の仕組みを維持するのにかかるお金が税金か。

なんて考えていて。

キャッシュレスの手数料は、キャッシュレスを選択した業者が払う。手数料と便利さを天秤にかけて、使うと決めた人たちが払う。
円を維持するための税金は、(もちろん必要なものだけれど)否応なく取られる。

キャッシュレス決済は円を取引しているけれど、暗号通貨の取引になったら日本政府に払う円の利用料なくなるよな。頼んでないんですけど、って言うわけにもいかないんだよな。

民放は商売として、見てもらいたくなる番組を作って、広告料を受けとる。
NHKは受信料を、テレビを持っていたら否応なく払わせる。

と、いうところで、日本円JPYと日本放送協会NHKに共通点があるなと考えたお昼休みの信号待ちでした。

令和2年12月3日(木)

年相応の振る舞いをすることと
あの頃の気持ちを忘れずにいること
どちらも大切にしたい

令和2年12月10日(木)
言葉にならなくても、感じていたい。

感じていることを言葉にするのが、決して得意な方ではないと思う。それでも感じていたいし大事にしたい。

Captain Fantastic 〜はじまりへの旅〜 でお父さんが「ちゃんと言語化しなさい」って言う。
1984年だと「語彙が思考を決定する」って書いてある。

言葉にしないと語彙は減って、語彙が減ると思考は狭まる、そういうことなのかもしれない。
言葉にしないということは、「なんでもエモいで片付ける若者たち」に仲間入りすることなのかもしれない。

それでもいいと思う。言葉にならないからと存在しないことにしてしまうよりは、よっぽど良いと、そう思う。
感じるということを大事にしたい。

令和2年12月14日(月)

実は昔、奇妙な経験をしたことがあります。まだ小学生だった頃の話です。家の隣にオシャレなお姉さんが住んでいました。
今くらいの時期だったと思います。お姉さんは僕に言いました。「今夜8時になればサンタがうちにやってくる」
ませた子どもでしたから、「違うよ、それは絵本だけのお話だよ!」って言ったんです。
そう言う私にウインクして、お姉さんは「大人になればあなたもわかる、そのうちに」と言いました。

未だにわかりません。

その日がお姉さんを見た最後の日になりました。

しばらくすると村で噂が流れはじめました。どうやらお姉さんは、サンタに連れ去られたらしい。背の高いサンタが、つむじ風追い越して。
12年にいちど、子年の冬に村で1番綺麗な娘がサンタに連れ去られるらしい、その話を祖父が聞かせてくれました。

サムとサンタの神隠し伝承

というそうです。

令和2年12月25日(金)

かつて愛したフレームワークLaravel。
美しさに心を奪われたRails。

いまどちらが好きかと言われたらRails。明らかにRails。強くそう思う。
けれど、まだRailsのことをLaravelほどは知れていない。

これから知りたいのはRailsのことだけれど、
いまよく知っているのはLaravel。

そんな段階は、きっと男女にもある。

echo( $the_one->that_i_loved );
// Output is…

puts the_one.that_i_loved
# Output is…

令和2年12月28日(月)

iPhone 5sからiPhone SE ( 2nd GEN )に乗り換えたら、電池の持ちが良すぎて「S2機関を搭載しているんじゃあないか」と思ってしまう。

令和2年12月29日(火)

あとがき〜12月を振り返って〜
# 出来事
+ Javaのお仕事
+ 改修のお仕事
+ 土日はコミュニケーションに使った
+ アマプラとかで映画を観た

令和3年3月6日(土)
お気に召しましたか?